近所の神社にお守りを買いに行きました☆

近所の神社には気が向いた時に参拝しに行っているんだけど、お守りを買うときはもっと大きい神社に買いに行っていたので、もう初詣の時期も過ぎた今お守りが手に入るのかちょっと不安でした。

 

でも参拝後にお守りが売られていることがわかったので買って来ました(*^_^*)

 

いつもは買うつもりがないので気付かなかっただけで、お守りはいつでも売られているのかも知れないと思いつつ・・・

 

ちなみに買ったのは安産のお守りです♪

 

友達が妊婦さんなので、無事に元気な子供が産まれますように!と願いを込めて。

 

そして私が今まで一番多く買ったお守りが安産のものだと思う。もうそんな歳なんだなー、と思う反面、買う度に私がこれを貰える日は来るのか?と、歳を重ねるにつれて笑えなくなりながらそう考えるのが辛いです(笑)

 

神社へ行った帰りにお守りと一緒に何かプレゼントしようとその近くにあった雑貨屋さんに入りました。

 

そのお店があること自体は知っていたものの、何気に中に入るのは初と言う・・・多分チェーン店じゃないんだけど、可愛い雑貨がたくさん置いてあって、友達のプレゼントを買いに行く時に良さそうなお店だと思いました☆

 

さくらの緑茶と言うパッケージの可愛いお茶を買い、無事にお買い物終了♪

 

明日お守りと共にそれを渡しに行くのが楽しみです(*^^)v

寿司屋で酒を飲むたしなみ

最近、寿司屋に酒を飲みにいくのが好きなりました。

 

いつも、適当な居酒屋で飲んでいましたが

 

先日、たまたま卸売市場で友人と待ち合わせをして、なにかの食べながら酒をのむことにしました。

 

 

 

15時と中途半端な時間帯だったので、店は準備中なのではと思っていましたが

 

さすがは市場だけあって、目の前に飛び込んできた看板に「24時間開店の寿司屋」の文字。

 

面白そうだったので、迷うことなく、その店に入りました。

 

 

 

店舗はビルの二階にあり、お世辞にも綺麗とはいえない階段を不安になりながら

 

登っていき、店のドアを開けると、そこには、大きな木のカウンターと明るい雰囲気と

 

少しの場末感が入り混じった、とても感じの良い空間がありました。

 

年配の板前さんがいて、何にしましょう?と注文を聞いてきます。

 

 

 

とりあえずビールと答え、友人と何を頼もうかとと話していると

 

友人は、「旬の魚を刺身で」と注文をしました。年配の板前さんは、「ブリでよろしいですか?」と言うので

 

「お願いします」と答えました。

 

いかにも、寿司屋での会話に少しうれしい気分に。

 

 

 

なんとなく、私たちもいい年になって、それなりのところで

 

それなりの酒を今飲んでいることにうれしくなったのでした。

 

 

 

もちろん、味に満足してお酒もすすみ、

 

楽しい時間でした。お代は、いつもの居酒屋の1.5倍ほどでしたが

 

たまには、いい。ひとつ大人のたしなみを知った気がした出来事でした。

借り換えプランの審査基準

 

銀行の借り換えを行う際に、多くの方が悩むのが、審査です。
借り換えを行うと、低金利のプランへ変更が出来るので、毎月の返済額も、借り入れ金の総額も減ります。
金銭的な負担は、軽減されるでしょう。

 

しかし、借り換えは、希望する誰もが利用出来るプランではないのです。
それだけ、金利条件が良いという事は、審査条件は、当然のごとく厳しくなると考えていた方が良いでしょう。

 

では、借り換え審査では、どのような点が審査基準となるのでしょうか。
詳しくみてみましょう。

 

借り換え審査の基準は、まず他に債務が無いという事。
借り換えを希望する借り入れ金の他にも、借り入れ金がある場合には、借り換えプランよりも、おまとめローンを利用すると良いでしょう。
また、このような場合には、借り換えプランの審査に通る事は、難しくなります。

 

この他の審査条件としては、職業。
正社員なのか、契約社員なのか、アルバイトなのか。
といった、雇用形態も重要です。
毎月確実に返済が可能、というのが、借り換えの条件です。

 

また、借家か、自分の家か。
という事も審査基準です。
年齢もまた、借り換えの審査基準といってよいでしょう。

車売るか悩んではや一ヶ月

 

車売るかどうかで悩んでいるんですよね。
今の車がどうこうってわけではないのですが、既にけっこう古い車ですし、何より気になっている車があるので買い換えたいとも思っているんです。

 

でも、走れないわけじゃないし、車のローンを一から組むのも・・・と思いなやんではや一ヶ月。

 

流石に一ヶ月は悩みすぎだと旦那に怒られてしまいました。

 

なので、決めました!とりあえず、車の査定だけしてもらって、それが思ったより売れそうだったら新しい車に買い換えようとおもいます!と、いったら旦那が俄然やる気をだしてくれて、一番高く買い取ってくれる場所を探すといってくれました。
うーん、このやる気凄い、とお任せしたのに家からでる気配が全くありません。

 

旦那も実は私と一緒で悩んでいるのかと思ったらインターネットで調べていたみたいです。

 

私とは違って行動派の旦那ですから、私が一ヶ月かけて売るか売らないか悩んだのを気にもせず二週間くらいで売ってしまいそうな気がしますね。

女性でも男性でも抜け毛シャンプーは効果がある?

 

抜け毛で悩むのは女性も男性も同じなのに、何となく男性の方が抜け毛に緊迫している感じがあるのは私の気のせいでしょうか。

 

もちろん、私も子供を産んでからはかなり抜け毛が増えてきていて、このままで将来薄毛に困ってしまうのでは?!と心配してはいます。

 

ですが、それ以上に心配しているのが私の旦那様です。

 

私以上に抜け毛に気をつかっていて、抜け毛シャンプーを利用していたり、育毛剤を購入してみたりとあの手この手を利用して抜け毛対策を施しています。
これは我が家の家庭だけで起こりうる危機感の差なのか、それとも男女の差としてありうる危機感の差なのか考えてしまいますよね。

 

昔は男性ばかりが薄毛を気にしており、植毛なんかもありましたが、今は女性も薄毛に対してウィッグなどを利用している時代ですから、この危機感は男女間甲斐なく、薄毛であれば薄毛であるほどおこり得る危機感なのかなと思ってしまいました。
とりあえず、私も旦那の抜け毛シャンプーを利用して本当に抜け毛が軽減するのか試してみようかな。

最近の婚活パーティー

 

最近では、ただ婚活パーティーといってもその性質や集団の特徴が異なると言う場合もあるようです。

 

例えば地域ごとに募集していたり、同じ属性を持つ人たちに対して募集をかけたりということも今の婚活パーティーにはよくみられます。

 

属性と言ってもいろいろあって、おなじ趣味を持つ人とか同様の仕事をしているだとか、募集者の意図によって様々なものが挙げられるでしょう。
なぜそのような婚活パーティーを行うのかといえば、結婚相手や恋人を探すという目的に特化した集いであるということを考えるとよくわかります。

 

多くの人は自分の話すことを理化してもらえないような相手と一緒になるということはまずありません。

 

逆に趣味が同じ出会ったり同じような仕事をしている人はそれだけで一緒にいても話に困ることはないのです。
一方で、話が全然合わないのにいい人だからとか雰囲気が合うと理由だけで相手を選定してしまうと後になってから破たんしてしまう可能性もあるということです。

 

その場では言いと思っていて相手を選んだつもりでも結局また再スタートして婚活パーティーに戻ってくるということも十分に考えられるでしょう。