愛犬を病気になりにくい身体にするために必要なこと

標準

運動、食事、休息をしっかり行うことが大切です。

愛犬も人間と同じ様に外に出て運動をしないとストレスが溜まってしまいます。

その為、健康でいられるようにするためには毎日の運動が必要になります。

大型犬や小型犬など、サイズによっても運動量は変わってきます。

ゴールデンレトリーバーなどの大型犬では、1日に1時間程度の散歩を2回程度行う必要です。

逆にトイプードルなどの小型犬は、大型犬ほどの運動量は必要としませんが、日光に当ててあげることや他の犬との交流で社交性も磨かれていきます。

ストレスによって病気への罹患率が上がるため、短時間でも外に出してあげ、適度に運動をさせることが大切です。

次は食事についてです。

食事中に愛犬がじっと見てきたら、愛犬にも少しあげたくなることもあると思いますが、人間の食事を犬に与えるのはダメです。

特に、玉ねぎやチョコレートは厳禁とされています。

(この2つの食品は犬にとって毒でしかありません)
最悪の場合、愛犬を死に至らせる可能性もあります。

良かれと思ってやった事で愛犬を苦しめてしまうことがあるということをきちんと理解して食事を与えることが大切です。

市販で売られているドックフードをお店の人やお医者さんに聞いて選びあげるのが1番良いと思います。

次は休息についてです。

運動の欄にも書いたように犬にも人間同様にストレスが溜まります。

ゆったりと安心して愛犬がくつろぐことが出来るスペースを作ってあげることが大切です。

お世話になってるサイト>>>>>http://www.natbankofyemen.com/